アクセス解析


 
来週からの新顔野菜・注目野菜

 立春は過ぎましたが、日本列島はなかなか寒波の影響から抜け切れず、野菜の入荷は芳しくありません。期待のブロッコリーやかぶ、小松菜など、時々品切れになってしまうものもあり、御不便をかけております。
 そんな中、柑橘類は、だんだん種類が増えてきて、その皮の黄色やオレンジ色に春を感じられ、ちょっと嬉しい今日この頃・・・。


№5690 竹野のはるみ柑B 600g 350円
№5814        B  1.5kg 770円
広島県産 農薬不使

 おなじみ、尾道の竹野農園さんの「はるみ」です。感じで書くと「春見」、春を見る、というワクワク感のある字ですね。早春に食べられるのと、清見オレンジを親に持つところから、この命名になったそうです。
 温州みかんのように手で皮をむくことができ、袋ごと食べられる柔らかさ。デコポン(不知火)が親戚にいるためか、酸味よりは甘味が勝つようです。
 再三伝えているように、広島もこの冬は寒さが厳しく、皮に傷などの障害のあるものが多く、B規格のみとなりました。御了承ください。


№5676 竹野のはっさくB(小玉) 約800g 320円
広島県産 農薬不使用

 こちらも竹野農園のはっさくです。粒が小さいのでB品となりました。竹野農園の横山さんが、はっさくを食べた感じを表現した文が面白いので、そのまま紹介します。
「パリッとした食感に、後口すっきりとほろ苦さ。甘いだけじゃない!すっきりした酸味にほのかな苦味が含まれているのが特徴です。「プリ、パッ!」とした食感、味のバランスがたまりません。」
 「プリ、パッ!」をどうぞ味わってください。ペクチンたっぷり、ほどよい酸味のはっさくは、ママレード作りにも向きます。農薬不使用だから安心。


●「水俣」を伝えた人

 先週このコーナーで水俣の甘夏を紹介しましたが、2月10日、「苦海浄土」で水俣病と水俣の人々を世界に伝えた作家の石牟礼道子さんが亡くなられました。享年90歳。奇しくも甘夏の季節に。


今週の新商品・再開商品・お勧め品

●備えはできていますか?

 先日報道された、北陸の大雪。交通網が遮断され、物流も止まり、スーパーやコンビニの棚が空っぽ・・。まるで東日本大震災のときの映像のようでした。
 いつでも何でも買えると錯覚してしまう現代生活。備えをしておかなければならないのは、地震や台風だけではないのですね。防災用品チェックしましたか?


2251.JPG№2251 天恵水 2L×6本 2,100円

 秩父山系の湧き水を非加熱でボトル詰めした天然水。賞味期限は製造日から5年です。非常用飲料水は一人一日3Lを目安に常備したいものです。








4757.jpg№4757 森林エキスやわらかシート 80枚 430円
 いわゆる赤ちゃんの「おしりふき」ですが、水が使えない時に、手・顔・体・お口・・も拭けるウエットティッシュです。「森林エキス」とは、ヒノキ油のこと。アルコール・合成香料・防腐剤・防カビ剤不使用です。
 携帯に便利な形なのも嬉しいですね。

火・水コース 2/16(金)  正午締切
木・金コース 2/19(月)  正午締切
FAXでのご注文
注文書はこちらをダウンロードし
FAX0220-34-7052へ。

菜の花村は皆さんに支えられ25年目を迎えました。創業以来大切にしていることがあります。

「早い!安い!便利!…に流されつつ生活する中、青虫のついた葉っぱを洗いながら頑張っている私が嬉しく、ありがたく感じます。」
仙台市泉区:M・S様

マクロビオティック商品等、人と環境にやさしい商品を常時400品目以上揃えております。

「山木醤油・三河みりん・梅酢・鈴木さんの味噌etc、良い素材に調味料だとシンプルな調理でも美味しいんです。」
仙台市泉区:M・O様

旬の野菜を5~7種類おまかせでまとめたセット
野菜は全て農薬不使用・減農薬(一般栽培の5割以上農薬削減)です。

「野菜が新鮮で量が多く初めはびっくりしました」仙台市青葉区E・I様

無農薬で栽培された野菜を2~4種類おまかせでまとめたセット

「無農薬野菜は想像していた程高くないことも驚き、野菜の甘み素材の旨みを感じることができ、味付けも薄味で美味しく食べています。」
仙台市:C・S様

常備しておきたいじゃがいも、玉葱、人参をセットにしました。産地・季節によって、農薬の使用率は変わります。

アレルギーで食べられなかったはずの卵が食べられました。皆で同じものを食べられる。   そんなうれしいことはないでしょう。 仙台市 高橋君(中1)

菜の花村オリジナルブランド平飼い卵・みそ、その他野菜・無農薬米等生産している鈴木さんです。